「ほっ」と。キャンペーン

gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おやかましゅうございました

先日、浅草の90歳の芸者さんを囲む会…
のようなものに参加してきました。

思うことはいろいろあったけど、
一番、印象に残ったのは、
三味線の演奏が終わった後に
芸者さんが口にした、
「おやかましゅうございました」
というセリフです。

おやかましゅうございました。
なんだかすごーく、気に入りました。

学生のとき、「ごきげんよう」と言って別れる人たちがいるらしいと知り、
学習院でもないのに(←学習院でやっているのかは不明)
別れ際に、友達と「ごきげんよう」と言い合ったものでした。
(そんなことに付き合ってくれた友達も貴重だったことよ)

日本舞踊の先生が、何かを見て、
「様子がいいねえ」
とおっしゃったときもちょっと感動しました。

おやかましゅうございました
ごきげんよう
様子がいいねえ


こういう古風な言い回し、
実際耳にすると、宝物を見つけたような、
うれしい気分になりますね。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-05-29 00:30 | その他

ZOOMの子供靴&中敷きアレンジ

本人の強い希望により、
Kibiは普段、保育園にピンクの運動靴をはいて行っています。

でも、土日のお出かけのときに、
子供が汚れた運動靴をはいているのが
私はどーにも気に入りません。
ピンクはなおさらイヤ…。

で、ちょっと贅沢ですが、休日用の靴は別に用意しています。
冬の間中はいていたブーツ(お下がり)が、
小さくなってきたので、新しい靴を買いました。

b0158088_106776.jpg
ZOOMの子供靴は、どれもお洒落で目移りしますが、
これから夏なので、革ではなく、
カンバス地っぽいワンストラップシューズを選択。
多くのネットショップで売り切れていて、
キッズウエアDream of Dreams.」でようやくみつけました。

1㎝刻みのサイズ展開だったので、
ちょっと大きいかなと思ったけど、
17㎝を買いました。
でも、さすがにブカブカ…。



b0158088_10183182.jpg
中敷きで上げ底を試みるものの、
へんな黄色や青しかなく興ざめだったので、
余り布でるんでみました。
(われながらよくやる!!)



b0158088_10191680.jpg
イメージぴったり~♪
薄いマトリョーシカ柄の布は、裏布やポケット布に大活躍。
ずいぶん使ったので、あと残りわずかです。


そういえば、私も中学生くらいのときに
きわめて似た靴を気に入って
はいていた記憶があります。
基本的な好みは変わらないものですね。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-05-28 10:35 | handmade

天然石の

もともと、ジュエリー類にあまり興味がなく、
何年も前に買った安物をしぶとくずーっと使っていましたが、
年を重ねるごとに、ちゃちなガラス製は
どことなく似合わなくなっていくものよなあ…。

そう思っていた矢先、
鎌倉の「shironeko」で、
珍しく気に行ったアクセサリーに出会いました。


b0158088_1125482.jpg


b0158088_1131924.jpg


イヤリングとネックレス。
東欧(だったかな?)出身のデザイナーの作品だそうです。
天然石ならではの深みのある色合いと、
アンティークっぽい雰囲気が気に入りました。
石に多少の傷があり、値段が高すぎないのもうれしいところ。

しかし、この石が何であるか書いた紙を
うっかりなくしてしまいました…。
実はこの日記の本懐は、到底覚えられそうにない
石の名前をブログに記録して、
その紙を捨てることだったのです。

まあ、今後も困ることはないのでしょうが、
どこか消化不良な気分であります…。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-05-27 23:12 | 雑貨

夏のパジャマ

茶色のチュニック&ギャザーキュロットに引き続き、
夏用のパジャマを作りました。
在庫の布が減っていくのは気持ちのいいものです!



b0158088_0343853.jpg
布/ソレイユ?(忘れた)
パターン/『愛しのベビーウェア』(スモック&ブルマーズ90㎝)

このパターン、90㎝なんですが、ものすごく幅が広い…。
Kibiは今100㎝ですが、丈だけ3㎝のばして、
90㎝のまんま作りました。



b0158088_0413644.jpg
本来は端を三つ折りにしてゴムを通すところを、
ゴムを縫いつけてふりふりになるようアレンジしてみました。

この生地、たぶん楊柳クレープだと思うんですが、
さらりとしていて、触っていて本当に気持ちがいい! 
少しねぼけた優しい色合いといい、夏のパジャマを
想定してデザインされた布なのかもしれません。


b0158088_0434397.jpg

パジャマのズボンは、同じ本の90㎝のブルマーズをベースに、
丈を適当にのばして作りました。

が、こちらは大失敗。
90㎝だとオムツをはくことを想定しているので、
後ろパンツに余裕がたっぷり取ってあるため、
パンツのゴム位置が、Kibiの胸まできちゃうんです。

オムツ対応パターンだとはわかっていたんですが、
90㎝だし、ここまでゆとりがあるとは思わなかった…。

Kibiは腰までゴムを下げてはくので、
股下が膝近くまで下がっちゃいます。
ヒップホップ兄ちゃんも真っ青の
下がりっぷりです。
本人が全く意に介していないのが何より。

こうして見ると、全体的に手作り感たっぷりで、
ちょっと野暮ったい…。

でもまあ、パジャマなので
失敗してもいいやという気持ちがあり、
大胆に、いろいろ試してみられたことは、
いい勉強になりました。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-05-26 08:39 | handmade

麻のチュニック

私は、予定を立ててそのとおり行動したり、
定期的に何かをきちっとこなす、
ということが大変苦手です。

あるとき、「残り時間を計算しながら、計画的に仕事を進めよう!」
と実行してみたら、夕方には頭痛がしてきたくらい。
情けなや…。

先日、スピリチュアル・リーディングみたいなことができる方に、
「あなたは“ブーム体質”です。
気分でやりたいことが変わりますが、
それがあなたにとって一番いいペースなのです」
と言われ、おおいに納得するとともに、大層気が楽になりました。


そんなわけで、趣味で打ち込むことも、コロコロ変わります。
前置きがだらだらと長くなりましたが、
ここのところ私に訪れていたのは、洋裁期♪

ブログを放置し、みなさまのところにお邪魔もせず、
隙間時間をみつけては、チクチクカタカタやっておりました。
とはいえ、平日は仕事があるし、
休日は別の用事があるので常なので、
製作ペースはたいへんのんびりです。

暖かくなると、どんなに娘に拒まれても(涙)、
やはり何か縫いたくなるものですなー。


まずは、作りかけて放置していた、麻の茶色のチュニックを仕上げました。
b0158088_0153790.jpg
布/購入先不明
パターン/milimili(パフスリーブワンピ100㎝)
本当はワンピースの型紙なんですが、
幅が狭くて動きにくそうだったので
裾を短くしてチュニックにアレンジ。



b0158088_1050184.jpg
茶色に水色の差し色は、大好きな組み合わせです。
袖のギャザーはもっときつくしたほうが、
間延びしなくてよかったと反省。



b0158088_10511655.jpg
渋い色の子供服が好きですが、
ラブリーな要素がないとKibiが着ないので、
ポケットにもレースをつけて、“保険”をかけました。



チュニック作成中に、ネットで人気の型紙ショップ
パターンレーベル」の本が発売されました。
b0158088_23442493.jpg
スタンダードな形のものでも、ラインがきれいで、
かなりお気に入りの一冊です♪
端から作ってみたいな~。



この本に載っていたギャザーキュロットを、
余り布で作ってみることにしました。
b0158088_020349.jpg
ポケットに手を入れたときに、ちらりと見えるように、
サイドのポケット布にはプリント柄を使っています(が、写真撮り忘れ)。



b0158088_0204099.jpg
着用図。
麻は一回洗濯するとくしゃくしゃだわねえ…。
前向きより、後ろ姿のほうが、
ギャザーの分量などかわいい気がします。


しかししかし、せっかくつくった服をまったく着てもらえなかった
苦い経験から、今回は、デザインを見せて、布を見せて、
「作ったらちゃんと着るね?」とKibiに確認してから
かかったというのに、なーんと、
またしても着るのを渋ったのですよー、この親不孝娘は!


パパの迫力で、なんとか着せて保育園に送り出し、
「今日の服を盛大に褒めてやってください!」と
先生に頼みこみました。

予想以上に褒められたのがうれしかったらしく、
本人もだんだん気に入ってきたようです。
ほっ…。

どうも、チュニックはともかく、
初めて着るギャサーキュロットに
抵抗があったみたい。


定食屋で、隣の席のOLさんが
同僚に対する、こまこまとした愚痴を
言い合っているのを聞くとはなしに聞きながら、
保育園の先生も、飲み会なんかで、
「子供の親が、手作りの服着せてくるのはいいんだけど、
子供が着たがらないからって、
私たちに『盛大に褒めろ』って言うんだよー」
なーんて、愚痴ってるかもしれないなーと
ちょっと申し訳なく思ったりしました。

(でも、懲りずにまた協力をお願いしたひ!!)
[PR]
by gangan-tototo | 2009-05-25 00:30 | handmade


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧