「ほっ」と。キャンペーン

gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上履き入れ完成!

4月から保育園の幼児クラスで使う
上履き入れを作りました。

せっかく作った服を着てくれなかった事件があって以来、
急激に洋裁に対する熱意を失っていたのですが、
ママ洋裁の定番である上履き入れを作らなかったら、
これだけ買い込んだ布の立場は!!!…と思い、
有給とって久しぶりに作製。

また拒否されるとダメージでかいので、
布は在庫の中からKibiに選ばせました。

b0158088_038170.jpg
型紙は、「スタジオクリップ」の無料パターンを使用()。大人用だったので、縦3㎝、横4㎝短くして子ども用にアレンジしました。




b0158088_0383775.jpg自分の名前が書かれていると、とーっても盛り上がる、このお年頃。ま、盛り上がらなくても名前は必要なので、サイドに名前をつけて、紫のボタンをアクセントにしてみました。


今回はKibiも気に入ってくれたようで、
早速、おはじきやら小さな人形やらを
がんがん詰めてました。
上履き入れなんですけどねえ。
Kibiは気に入ったカバンや箱には
持ち物をぎゅうぎゅうに詰め込むのです。

しかし、袋ものは直線断ちだし、
服より簡単でいいですね。
やっぱり洋裁は楽しいな~♪
[PR]
by gangan-tototo | 2009-03-31 09:37 | handmade

初クッキー

Kibiにせがまれて、十ン年ぶりにクッキーを焼きました。
中学生以来です…。

スーパーの製菓洋品売り場でハート形の
クッキー型にKibiが張り付いて離れなかったときに、
「うちにも型があるから、今度クッキー焼こうね」
とつい言ったのをしっかり覚えており、
折にふれ「クッキーは~?」と要求。

おりしも、会社で不要になったクッキー型をもらってきたばかり。
毎日のように「クッキー型かしてちょうだい」と言って
愛おしそうに遊ぶ姿に根負けし、ようやく重い腰をあげました。

b0158088_21405676.jpg参考にしたのは、藤野真紀子さんの
『子どものためのお菓子』。



お菓子に詳しい知り合いが、
「藤野さんのレシピは、よく練られている」
と言っていたので、家庭的な気分が
盛り上がっていた妊婦のときに買ったもの。
子供と一緒にお菓子をつくることを想像して
うっとりしていた時代が私にもあったわけです。てへへ。

ナッツ好きなので、レシピは、
アーモンドプードルの入る
ポワソン・サブレをチョイスしました。



しかし、お菓子づくりはちょー苦手で、
今回も案の定、失敗続き…。

バターに粉砂糖を混ぜてから
小麦粉を加えるところを、
うっかり粉砂糖と小麦粉を
先に混ぜてしまいました。
しかも、部屋が暖かすぎて
バターがとろとろ…。

半べそかいてたら、
「俺ならこのまま作っちゃうね」
と言う夫の言葉に背中を押され、続行。
結果オーライでした。
クッキーって簡単なのね。

女の子が一番最初に作るお菓子が
クッキーですもんね。難しいわけないか。
(ならば中学時代に友人が焼いたクッキーが
失礼ながら激マズだったのはなぜ!??)


b0158088_21415510.jpgKibiさん、型抜き中。
数多く型抜きできるように配置することがどうしてもわかってもらえず、あらゆる型を、ど真ん中から抜きます…。


b0158088_21422477.jpgこのうさこちゃん型、ちょっとかわいいでしょう?
パルシステムか何かのカタログにのっていたものです。

丸いのには爪楊枝で数字を書き、お金にしました。


b0158088_21425841.jpg
焼きあがりはムラムラで汚い…。
でも、めげずに、焼き上がったクッキーにひと工夫。
アイシングで水玉模様にしたり、その上にアラザンをのせたり。

銀色のアラザンを宝物のように愛おしそうに扱うKibiさん。キラキラしていて宝石みたいたもんねえ。

…私はむしろじいちゃんの仁丹を思い出すが。


b0158088_21434955.jpg自分で作ったクッキーは
おいしさもひとしおかな~。


b0158088_2144194.jpg夕飯の準備にかからないように急ぎながら、失敗しただのセーフだったのと一喜一憂しながら作ったので、緊張感ある仕事の後みたいにぐったり…。

でも、こんなふうに「クッキー焼いて~」と子にせがまれる今が子育ての華なんだろうな。ペネロペちゃんの弁当箱にクッキーを大事そうに詰める娘を見ながらしみじみ思う、休日の午後でした。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-03-30 00:32 | おいしい

寝言

ある日のKibiの寝言は、
Kibiちゃんの、かたづけちゃダメ~」。

保育園のノートにそのことを書いたら、
夫がその後に続けて、何やら書き込みをしています。

「一方、お母さんは寝言で
大丈夫、日本語は50音しかないから!
と言っていました」


…タイ出張、私、緊張してたのねえ(!?)




【おまけ】
b0158088_23185598.jpg
去年の夏の写真です。
この直後、遊具の上に誰かのゲロにすべり、全身ゲロまみれ…。
この写真を見るたびに、「ゲーにころんで、べっちょりなっちゃったんだよねー」と、
ちょっとうれしそうに話します。ゲロまみれ体験も、武勇伝なのね。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-03-29 23:24 | 子ども

ojatanさんの蕎麦

先日、お蕎麦が送られてきました。
手打ちの生蕎麦が、どかんと6人腹いっぱい分!
ojatanさんが蕎麦打ち三段位の試験を受けるため、
練習用に打ったものを送ってくださったのです。
なんてありがたい知り合いに恵まれたことでしょう!!!


b0158088_23561332.jpg写真の蕎麦でも十分上手!…と思って撮影したのですが、後で別の包みを開けてみたら、もっともっと美しい蕎麦が登場したことを、
ojatanさんの名誉のために申し添えておきます。


結果、段を取れたのはもちろん、最優秀賞にも輝いたとのこと。
(こちらを見てね⇒ojatanさんのブログ
おめでとうございま~す♪

b0158088_23585655.jpg
丁度、アースデイマーケットに行ったときに買ったビオファームまつきのごぼうがあったので、適当に揚げてごぼう天蕎麦にしてみました。

銀座に「成冨」という蕎麦屋さんがありまして、そこの香ばし~いごぼうのかき揚げ蕎麦を思い出して。


b0158088_01298.jpg
つるつる蕎麦をたぐるわれわれをよそに、バアバがねぎとお揚げで自分用に温蕎麦を作ってました。温そばにしても麺がダレずにおいしかった!



いやしかし、蕎麦が打てるって、
本当に人を幸せにするものだねえ…。
ojatanさん、いつでもお蕎麦引き受けさせていただきますよ!!!



【おまけ】
アースデイマーケットで、おやつを食べるKibi(右)とNちゃん。

b0158088_023014.jpg

知人の知人のお嬢さんである、同い年のNちゃんとは初対面。
「うそなんちゃって~」と、Kibiが先に一発かましたのがよかったのか、
あっという間に打ち解け、走り回り、はしゃぎまくり。

通りがかりの知らない人に向かって、
「うそなんちゃって~、がはははは」
とやっては、2人してウケを取っていました。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-03-29 00:12 | おいしい

お洒落化するタイ

7年ぶりにタイに行ってきました!
一週間の出張です。
子持ちなので、出張仕事は基本的にふられないのですが、
昔親しんだタイがらみの仕事とのことで
特別に打診されたので、ありがたく受けることにしました。

私がタイに留学していたのは、14年も前のこと。
当時は、駐在員の人に連れて行ってもらった
そこそこ高級なイタリアンでもまずかったし、
(学生の私がまずいと思うんだから相当なもの!)
カルボナーラとかしょっぱくないケーキとかが
恋しくなったものですが、今のバンコクは
食のレベルが急激に上がっており、
まるで別の国のよう!

実は新しくできたモノレールに乗るのも今回初めてで、
一応、タイ語は話すものの、自動改札でひっかかって
オロオロしたりして、私の姿はまるで
「北朝鮮人、韓国に行く」の図、のようでしたよ。

仕事なので、学生のときはやや縁遠かった、
ちょっと高級な店にも行きました。

こちらシーロム通りにある、宮廷料理レストランの「タンジン」。
b0158088_23102364.jpgテーブルセッティングがおしゃれ~。三角帽子の中に、ナプキンが入っています。


基本は仕事なので、自由時間はほとんどなく、
昔住んでいたスクムヴィット通り周辺の
雑貨屋を2軒だけ回り、お土産を買いました。

想像以上にかわいくて、びっくり。
14年前にこのクオリイrティがあれば、
私の雑貨生活はどんなに充実していたことか!!!

b0158088_23183232.jpgこちら、子供用の箸です。
near equal」という店で買いました。


b0158088_2327540.jpgお魚スプーンです。タイの民芸品系フォークは、先がシャープで食べやすいらしく、実は今Kibiが一番気に入って使っているのも、白い貝殻風の素材でできたタイ製のフォークです。near equalにて購入。


b0158088_23301010.jpg飛行場で、出発間際に「ジム・トンプソン」の店に駆け込み、子供用のカットソーワンピをゲット。カラフルなピンク色が南国らしくてお気に入りです。




Kibiが生まれてから
一週間も家を空けるのは初めてでしたが、
毎日電話をしていたせいか、Kibiは荒れもせず、
思いのほかおりこうだったようです。
大人になったことだなぁ(涙)。

しかし、一週間ぶりに帰宅した感動の瞬間、
Kibiは開口一番、
「お母さん! …髪みじかいのヤダ」
と、髪型へのダメ出し。

娘は厳しい!!
[PR]
by gangan-tototo | 2009-03-28 23:50 | 雑貨

文人のお宿

またまたご無沙汰しておりました。

プチリーダーをやっている仕事を人より5日早く仕上げる
⇒義父母の還暦祝いの修善寺旅行
⇒翌日からタイ出張…
と、仕事やイベントが目白押しで、
特にタイ出張は不確定要素も多く、
無事こなせるかどうか、
久しぶりに胃がキリキリしました。

コーフンしやすいタイプなので、
考えてもしょうがないのに、
神経が昂ぶっているときは
頭がぐるんぐるんしちゃって、
家でもなかなかリラックスできません。
これ、今後の課題です…。



さてさて。
修善寺旅行は、Reikoちゃんに教えてもらった「新井旅館」へ宿泊。

b0158088_1192168.jpg
明治5年創業で文化財にもなっているという建物は、鄙びた風情たっぷり。戦前の文人たちの定宿だったそうです。
義父母の泊まった部屋は、芥川龍之介愛用の間で、
私たちのは尾崎紅葉が「金色夜叉」を書いた部屋らしい。


b0158088_1195989.jpg
どの部屋からも中庭が臨め、
大きな窓からやわらかい冬の日差しが差し込みます。
夏は緑いっぱいで、もっときれいなんだろうな。
お茶請けに出されるごぼうせんべいがおいしかったです。


もうひとつ、この宿のいいところは、
子供用の丹前があるところ。
ちょっと生意気でかわいいのです。
Kibiと手をつないでお風呂に向かうと、
「見て!子供用の着物、かわいいね」
とほかのお客さんが言うのを耳にしました。

b0158088_1203117.jpg
こちら、従兄弟たちと、
「顔が三段になりました~」
とおおはしゃぎの図。



b0158088_1211195.jpg
翌日は、江間いちご狩りセンターへ。想像以上に熟していて、かなり堪能しました!

しかし、義姉さん家族が毎年行っている、千葉のほうのいちご狩りセンターでは、品種ごとの食べ比べもできるらしく、そっちにも興味津津。


b0158088_1215524.jpg
いちご狩りセンターの近くの
原っぱで菜花を摘みました。


b0158088_1222015.jpg
ありゃ、
おしっこ?


帰りは、三島の鰻屋「桜家」へ。
るんちゃんパパのブログを見て、まねっこしました。
(るんちゃんパパありがとう!)
すごーい人で、1時間以上も待つと言われたものの、
キャンセルが相次いだため、40分ほどで入れました。

b0158088_21235065.jpg
鰻はふんわりとやわらかく、すごいボリューム!Kibiと分け合っても完食できませんでした…。
でもおいしかった~。




【追記】
そうそう、初日のお昼は、有名な蕎麦屋「朴念仁」で食べました。

この店の名物は生桜海老のかき揚げ!絶品です。
修善寺に行かれる方は、ぜひお試しを。
予約できないので並びますけどね。
b0158088_2315531.jpg
[PR]
by gangan-tototo | 2009-03-27 21:41 | 子連れレストラン


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧