gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おしゃま語録

b0158088_0584998.jpg

                (お電話中のKibi嬢)  


赤ちゃんもいないのに赤ちゃん返りまっただ中のKibiさん。

「だこー、だこー、だこー」
とタコのような口をして抱っこをせがんだり、

お風呂上がりに赤ちゃんみたいに
お姫様抱っこしてもらい、
ウギャウギャと泣きまねをし
(↑この泣き方がうるさいだけでちっとも可愛くない・笑)
おっぱいをせがんで、そっとしゃぶってみたり…。


その一方で、背伸びしたい気持ちもあり、
ときどき、びっくりするくらいおしゃまさん。

お姉さんにもなりたいし、
赤ちゃんの地位も手放したくないし、
三歳児の胸中も千路に乱れているんでしょうね。

以下、おしゃまKibiちゃん発言集です。


●女性に声をかけないで!

私 「Kibiちゃん、ねんねよ」
Kibi 「(ベッドの上で足を組みながら)ここは私の部屋よ。
    女性に声かけるなんて失礼よ!
    (!!!!!)    

…一体、そんなセリフどこで覚えたのかと思ったら、
「魔女の宅急便」に出てくるんですね。
宮崎アニメも油断ならない!?


●ガールズトーク

おもちゃの携帯電話でときどき、ひとりで電話ごっこをしています。
電話の相手は、決まって仲良しのトモちゃんです。

【Kibiさんに電話がかかってくる】
「はい、もしもしー。
なんだトモちゃんか~(←メロメロの声)。
トモちゃんなにしてた~?
えっ、トモちゃん、アタシのことすきなの?
はやくいえばいいのに~」


(なんだそりゃー!)


【Kibiさん、トモちゃんに電話をかける】
「もしもし、トモちゃん?
えっ、違うの?
はやくいえばいいのに~」


(間違い電話のくせになんという言い草…)



●グミちゃんとガムメちゃん

素のKibiさんは、甘えっ子の赤ちゃんキャラのことが多いのですが、
Kibiが作り出したお姉さんキャラ「グミちゃん」に変身すると
とたんにスーパーおしゃまレディに変身します。

ちなみに、私は「ガムメちゃん」だそうで、
グミちゃんの友達キャラみたいです。
パパは「シュリちゃん」。

「グミ」「ガムメ」「シュリ」
すごいネームングセンス…。

食事のときに、まじめに食べずに注意された後、グミに変身したKibiは、

どうしてさっき怒ったのよ~。アタシ泣いちゃったじゃないのよ~
と、ねっとりとした流し目。

大人びた態度と会話の中身がかみ合ってないんですけど…。


●もう知らないっ!

一番先頭に陣取ると、前の景色が見える私鉄に乗っていたときのこと。
初めて見る電車用の信号が気になって仕方がない様子で、
信号を発見するたびに、「ヘンなピカピカ~!」と叫ぶKibi。

「ヘンなピカピカー、
ヘンなピカピカー、
ヘンなピカピカー、
ヘンなピカピカー、
ヘンなピカピカー、
ヘンなピカピカー、
ヘンなピカピカー、
ヘンなピカピカー…

ふんっ、もうしらないっ!!」

(!!??)


●口ごたえクイーン

Kibiは、何か失敗をしたとき、注意されたときに、
素直に謝った試しがありません!

たとえばコップをひっくり返したとき、まず言うのは、
「だって、うごかしたかったんだもん」。
(だからって、謝らなくていい理由になりません!)

あるとき、Kibiが私の腕時計の小さなねじを回してみてくれというので、
ついやりかけたら、Kibiがすかさず
やらせろ~とばかりに手をのばしてきました。
「Kibiちゃん!」と少し大きな声を出したら、間髪入れずに
おかあさんがいじったから、ダメって教えたのっ

んまー、すかさず人のせいにした!



なんとなく、自分の子供は素朴な娘になるような
気がしていたのですが、いやいやどうして
イメージとは違うものですね。

“神様からのお預かりもの”には、
びっくりさせられることばかりです。
[PR]
by gangan-tototo | 2008-09-29 12:27 | 子ども

麻薬的に旨いトマトスパゲッティ

今、めちゃめちゃハマっているスパゲッティがあります。
それは、ミニトマトで作る、シンプルなトマトスパゲッティ。

b0158088_23183456.jpg



オリーブオイルとにんにく、それにトマトと塩が入るだけの
ごくごくシンプルなトマトスパゲッティは、
一度食べると、明日も食べたくなる
麻薬的な力があるような気がします。

少しずつ作り方を変え、パスタのブランドを変え、
一時期は、ほぼ一週間、毎日作ってしまったときも…。
(胃が弱っていたので、試作品はせっせと実家の家族に配りました)
不思議と、ちっとも飽きないんですよねえ!

きっかけは、仕事で数名のシェフにトマトソース作りを習ったこと。
実際に家で再現したところ、びっくりするくらいおいしくできたんです!
「これ、本当にトマトと塩だけ??」と実家の母も驚いたくらい。

キーワードは、
「湯むき」
「すぐに塩!」
「強火で煮詰める」


実は以前、別のレシピで似たような生トマトスパゲッティを作ったところ、
トマト炒めのスパゲッティ和えみたいな感じで、
ちっともおいしくできなかったことがありました。
ポイントを外すと、まっったくおいしくなくなっちゃうんですね。

以下、いろんな方から教えてもらった手法のいとこどりをし、
かつ簡略化した、ganganアレンジの
トマトスパゲッティの作り方を、ご紹介しますね。

★ミニトマトのシンプルトマトスパゲッティ★

●材料(2人分)
ミニトマト……2パック(約400g) 
にんにく……大1片
オリーブオイル……大さじ4
塩……適宜
スパゲッティ……160g

【パスタをゆでるお湯について】
超硬水のミネラルウォーター“コントレックス”を、
1/5くらい加えた水を使ってみてください。
びっくりするほどパスタの味が締まります! 
日本の軟水をヨーロッパの硬水に近づける(多分)
プロの技です。

ゆでるお湯の塩加減は、ちょっとしょっぱいけどおいしい、
…くらいにしておくのがいいみたい。
基本的には、きっちり塩を効かせるのがポイントです。

●つくり方
①ミニトマトを湯むきする。
ミニトマトをザルに入れて熱湯に3秒くらいつけ、
ザルごと引き上げて氷水に取り、皮をむく。
湯むきは面倒くさいですが、仕上がりが全然違います。
絶対省かないでほしいポイントです。


②包丁の腹で潰したにんにくとオリーブオイルを
フライパンに入れて、弱火にかける。
オリーブオイルを熱してからにんにくを入れてはいけません。
にんにくが焦げて香りが強く出すぎるので。


③にんにくが色づくちょっと手前でトマトを入れ、強火に。すぐに塩!
すぐに塩を入れないと旨味が引き出されません。
うっかり塩を忘れて最後に入れたら、案の定、
旨味が少なく、塩味がとがってしまいました。


④強火でブクブク泡立たせながら、
じゃんじゃん煮つめていく。
ここでひるまないことが肝心。
チリチリ音がして焦げそうになってきたら、
水を注いで少しのばします。
煮つまりすぎたら水かお湯でのばせばいいので、
安心してスパゲッティのゆで上がりを待ちましょう。

麺を投入する直前に味見をして足りなければ塩を足す。

⑤ゆで上げたスパゲッティをフライパンに投入。
「の」の字を描くように10~15回かき混ぜ、麺にからめていく。
出来上がり!

仕上げにバジルや、E.V.オリーブオイルを加えてざっと炒めてもいいですが、
おいしいトマトソースは、正直、何も入れないほうがいい気がします。

パスタには何でもパルミジャーノチーズをかける人がいますが、やめてやめて!
このソースにパルミジャーノをかけるとこってりしすぎて、
毎日食べたい味にならないのです。

本当に本当にお薦め!
あまりに気に入ってしまい、
会社に来た営業の方にまで作り方を教えてしまった…(←迷惑)。



パスタのブランドは、強いて言うなら、
マルテッリ」(稲垣商店)か、
ラティーニ」(JFLA)の1.65㎜タイプが気に入っています。

このトマトスパゲッティには、気持ち細めで、
小麦の味がしっかりする麺が向いているみたい。

食べ終わりの頃、残り数本になったスパゲッティに、
皿に残ったオイルをたっぷりひたして
はもはもと噛み締めたときに広がる
小麦粉の風味がたまりません!!

ああ、また食べたくなってきた~。
[PR]
by gangan-tototo | 2008-09-28 23:45 | おいしい

女の子の髪留め

女の子の親である喜びのひとつに、
かわいい髪留めを買えること、があります。

b0158088_0291284.jpg

↑ありそうで実はなかなかない、てんとう虫モチーフの髪留め。
吉祥寺の「サンク・プリュス」にて購入。


b0158088_0295094.jpg

↑京都の四条河原町付近にある
ドラッグストアみたいな雰囲気の
カジュアルなアクセサリーショップにて発見。

ひとつだけ異彩を放つ、
ヨーロピアンな雰囲気に一目惚れしました。

Kibiの好みはキラキラぴかぴかのものなので、
ヤダーとか何とか言ってましたが、
「いずれこの可愛さがわかる日が来る!」
と信じて購入。いまでは普通に気に入ってつけています。



b0158088_1182010.jpg

b0158088_1184470.jpg
↑ハワイ定番、プルメリアの髪飾り。
去年はまだまだ男の子みたいで、
つけてやる気になれなかったのですが、
今年は調子に乗って二つも買ってしまいました。
(実はひとつは自分用。ふふふ)

女の子が髪に花をつけているのって、かわいいですね。
ハワイでは、大人の女性もよくつけていますが、
それもまたいいものです。

女性が髪に花を飾るって、
原始的でロマンチックで、
素敵なことだなあ、と思います。
[PR]
by gangan-tototo | 2008-09-13 23:16 | 雑貨

また行きたいハワイのレストラン

●12th Avenue Grill (ハワイ)

b0158088_0393495.jpg


ハワイはいいところですが、
料理のレベルは全体的にいまいち…。
その中で、ここならまた行きたい、と思ったのが12th Avenue Grill

去年、Reikoちゃんに教えてもらって訪れた
アメリカンキュイジーヌの店です。
ホノルルからの中心部から、
タクシーで$12くらいかかるけど、
わざわざ行く価値アリ!


ソースの材料など、味付けがちょっと変わっていて、
ともするとヘンテコになりがちな組み合わせを、
絶妙においしい側のバランスに落ち着かせている感じ。

去年は、にんじんのポタージュが
なんともいえぬスパイシーな風味で、
「おお!」と感動した覚えがあります。
サラダもレタスがミルフィーユみたいに重ねられていて、
ブルーチーズとクランベリーか何かのフルーツを合わせた
ような独特の味でした(うろ覚え)。

b0158088_039812.jpg



今回は奥の席だったので、こっそり写真を撮ってみました!

左はいちじくのサラダ。
ブルーチーズとナッツが散らしてあります。

右のチキンはスタンダードなローストですが、
レモン風味のマスカルポーネチーズの
リゾットが添えられています。
レモン×マスカルポーネ×リゾットの
取り合わせって、初めて見ました。

パッションフルーツとカレー風味のブイヨンを
使ったカンパチの料理というのも気になったんですが、
その日はホタテでしかできないと言われて断念…。
(私たちは貝に愛がない)

帰国後にネットで見てみたら、
ベイクドマカロニ&チーズが看板料理みたいなことが
書かれていたけど、食べないでしまった!

難点があるとしたら、デザートかな。
デザートも定評があるらしいのですが、
去年は頼んだものがすべて甘くて大きくて、
料理に比べて大味な印象だったので、
今年はパスしちゃいました。
選び方が悪かったのだろうか…。

もうひとつ、料理もさることながら、この店の特筆すべき点は、
スタッフの感じがよく、ホスピタリティーに満ちているところ。
店内に、あたたかく、いい“気”が満ちていて、
日本語は全く通じないけど、とても寛げる雰囲気なんです。
体で感じる居心地の部分は、日本も海外も共通のものですね。



この店で、ちょっと驚いたことがありました。
ほかのテーブルにいた1~2歳の子供連れのお客さんが、
なんと、子供にポータブルテレビを消音で見せながら、
食事をさせていたのです。
西洋人系のパパとアジア系のママで、
多分現地の人なんじゃないかな。

画面を見つめる子供の口に、
母親が定期的にベビーフードを突っ込んでいる姿は、
少々衝撃的でした…。



※※※※※※【おまけ】※※※※※※
b0158088_2432017.jpg
[PR]
by gangan-tototo | 2008-09-10 02:31 | 子連れレストラン

ハワイのお気に入り

ハワイに行くにあたり、ガイドブック的なものをいくつも手にしました。
その中で、私が一番気に入ったのは、この本です。

『Aloha Book』

ハワイの空気感を感じさせる写真が気持ちいい!
旅行前に読むとハワイ気分が盛り上がります。

紹介されているのは、安いシャンプーだったり、文房具だったり、
ホテルの朝食メニューだったり、何気ないものが大半。
そして、それに対する著者の個人的な思い入れが綴られています。

でも、結局、そういう個人的なことが、私は一番好きです。
多少偏った、誰かのチョイスに従ってみる面白さって、あると思います。
それが本当にいいものなら儲けものだし、
「ふうん…」という程度だっとしても、これまた一興。

さて。
それに倣い…ってわけでもないですが、
私が今回のハワイ旅行で見つけた個人的なお勧めを
記録しておこうと思います。


●「ブルー・ジンジャー」の子供用サングラス

b0158088_22193154.jpg
(「ブルー・ジンジャー」の
ワイキキビーチウォーク店
にて購入)









小さな子供のサングラス姿、
生意気かわいくて、実はかなり好き♪
日本でもハワイでも、いくつか店をのぞいてみるものの、
なかなか気に入ったものが見つからなかったのですが、
その中で、一番好みの品揃えだったのが、
「ブルー・ジンジャー (Blue Ginger)」でした。

色とデザインはさまざまで、全体的にはカラフルでポップなんですが、
生意気さの中にも品があるのがポイントです。
下品なサングラスも多いので…。

b0158088_22304628.jpg

Kibiは、教えてもいないのに、サングラスを額の上にのせるんです!
どこで覚えたもんだか。


●「アンジェロ」の子供服
b0158088_631673.jpg
Lily Pulitzerのワンピース/「ANGELO」にて購入)

子供服ショップはいくつかのぞいたけど、去年も今年も、欲しいと思う服があるのは、いつもこの店「ANGELO」でした。「シェラトン・ワイキキ」の1階にあります。

今回買ったのは、Kibiの水着とワンピースです。トロピカルだけど上品なところがよいのです。(水着の写真は後日…)








●グリーン・ティー飲料

b0158088_22381811.jpg
(ABCストアで購入)
コンビニで売っている清涼飲料水の中で気になったのが、GREEN TEA。いろんなブランドで出ています。味は、ペットボトルの緑茶を薄めてほの甘くしたような感じ。

緑茶が甘いというあたり、好き嫌いは分かれるかもしれませんが、私は嫌いじゃないです。ほのかな甘味なので、風呂上がりにぐびっとやるのに丁度よかった。

写真は、「緑茶&梨」味なんですが、梨はちょっと余計。ただのグリーン・ティーのほうがいいです。















●ハワイの塩
b0158088_2365976.jpg

(「フード・パントリー」で購入)
先に挙げた「Aloha Book」で紹介されていたものですが、「ALAELA SEA SALT」というレッドソルトです。

ハワイ周辺の海底にある、火山土壌の赤土(アラエア)を煎ったものが混ざった、ミネラル豊富な海塩だそうです。パスタをゆでるのに使ったらとてもよかったと、「Aloha Book」に書いてありました。

ミネラルの多い塩でゆでると、パスタが断然おいしくなるとほうぼうのシェフから聞いていたところだったので、思わず購入。わくわく。…まだ試してないので、お勧めも何もないですが。
でも、パッケージも、なんかいいでしょ?






●ふくよかな女性のフラダンス
b0158088_2325835.jpg


ものじゃないですが、
ふくよかな女性のフラダンスが好きです。
温かくて、やさしい感じがします。



※※※※※※※※※※※※※※【おまけ/Kibiのお気に入り】※※※※※※※※※※※※※

b0158088_2384258.jpg

Kibiは、スパンコールがいっぱいついた、ぴかぴかキラキラの子供靴に夢中。「買うー、買うー」と騒ぎましたが、もちろん買いません!

アメリカの人々は、子供をどこに連れていくのに、こんな派手な靴をはかせるというんでしょう???
[PR]
by gangan-tototo | 2008-09-02 23:30 | 雑貨


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧