gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:健康( 2 )

「食べる」を仕事に捧げる危険性

急に胃の調子が悪くなったのは、仕事のリーダー役を務めるストレスのせいだった…
という話を以前にしましたが、お陰様で、そのことに気付いて以来、
ほんの数日で劇的に回復してきました。

胃の機能ではなく、精神の問題なんだ、と気づいたら、
その瞬間から胃が動き出した…という感じです。

その後、更に気がついたのは、
私のストレスは、リーダー役の重圧云々に限らないのでは!?…ということです。

実は、ここ1年間ぐずぐずと胃腸の調子が悪かったのが、
1月~3月だけはスッキリ調子がよかったんですね。
その時期は、レギュラーの仕事を離れていた時期と、ぴったり重なるんです。
つまり、今の私の仕事自体が、もうすごいストレスになっているということ。

このブログを読んでくださっている方は、私の知人ばかりだと思うので、
おわかりかと思いますが、私は、仕事で外食する機会がとても多い、
ちょっと特殊な仕事をしています。

今は、20代の頃のように店のハシゴもしないし、
連日のように外食する時期は年に3回くらいだし、
暴飲暴食しているわけではないのですが、
もう、仕事で食べることそのものに、体が悲鳴を上げているんだと思います。

「食べる」というのは、本能的な欲望と直結している、とてもプライベートなことです。
本来はリラックスすべき時間であり、ストレス解消の機会でもあるその時間を仕事に捧げ、
どこか緊張した状態で過ごしてきたことが、じわじわと自律神経を乱すことになったのでしょう。

指圧の先生に、「人間、深刻なストレスほど気づかないものです。」
と言われて、なるほとなあと思いました。
深刻すぎる現実は、認めると自分が危うくなるので、案外、気づかないそうなのです。
一種の自己防衛本能ですね。
 
私の場合は、仕事で食べることがストレスなんて言ってたら、
本当に仕事にならないので、そりゃあ、深刻なわけです…。

ただ、不調の原因が自律神経の乱れだと自覚してからは、
状況はかなり改善に向かってきています。

これまで処方されてきた、胃腸の具合を調える薬や漢方薬は、
どれもピタッと効いた気がしなかったのですが、
自律神経を調えるためのウォーキングを始めたら、
明らかに胃腸が疲れにくくなり、活力がみなぎっていく感じがするのです。

去年の夏から、いま一つよくならない胃腸を抱えて、
ずーっともやもやした気持ちでいましたが、
ようやく、少しだけ行く手に光が見えてきた気分です。

それにしても、「食べる」仕事って、非人間的なことなんですね。
入社して10年余、延べ8年くらい、今の仕事をしています。
仕事での外食のほかに、プライベートで店に行っても、
体が欲するものではなく、つい、仕事の参考になりそうなメニューを選ぶなど、
ある種の職業病のような部分もあり、そっちも大いに問題です。

仕事は楽しいけれど、ずっとこの仕事を続けていけるのかどうか、
いくべきかどうか、悩ましいところです…。
[PR]
by gangan-tototo | 2008-08-19 11:57 | 健康

無自覚なストレスの怖さ

胃の具合が悪いという話をしましたが、その続きです。

暴飲しているわけでもないのに、こんなに調子が悪いのは、正直、不思議でした。
普通に暮らしているのにこんな風になるなんて、年のせいかなあと思って情けなくなったり…。
以前よりはずっと残業も少ないから、仕事のストレスもないはずだと思っていたんです。

でも、病院に行っても指圧に行っても、
「ストレスありませんか?」
「ストレスで内臓が縮こまっているような状態です」
「自分にご褒美あげてますか?」
…と、ストレス、ストレスと言われるばかり。

そこでじっくり考えてみると、ひとつ思い当たることがありました。

今月は、数年ぶりに仕事でリーダー役を務めているのです。
これが、気の小さい私には、相当に緊張する作業だったんだと思います。

この仕事をちゃんとやり遂げられるか、かなりの不安を抱えていたのでしょう。
でも、そのことに、これまで全く気がついていなかったんです。
労働時間が長くないから、仕事は今ラクなはず、と思いこんでいたんですね。

無自覚なストレスほど
恐ろしいものはありません!


実は、過去にも一度、似たようなことがありました。
数年前、突然アトピー性皮膚炎になり、炎症がみるみる全身に広がっていったんです。
ストレスが原因だと思われるものの、何がストレスになっているのかさっぱり分からず…。
湯船につかりながら、ボロボロの体を見つめて、
「ganganさん、アナタ何がストレスになっているの??」
と自分に問いかけたことを覚えています。

かなり後になって気がついたのですが、そのときは、
あることに対する「怒り」を、封印していたんですね。
本当は腹を立てているのに、そんなことで怒るべきではない、と心にフタをしていたんです。

今回は、「不安」にフタをしていたんだと思います。

昔からそうですが、「私もう大変なの!!おかしくなっちゃいそう」
…なんて思っているときは、絶対病気にならないのです。
大変だと思うことで、ある意味、慰められているのでしょう。
むしろ、「これくらい平気、平気!」と思っているときこそ、体は悲鳴を上げがちです。

人生、基本的にはポジティブであるべきだけど、素直な感情を押し殺してはダメなんだ。
改めてそう実感した出来事でした。
[PR]
by gangan-tototo | 2008-08-07 23:45 | 健康


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧