gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:子ども( 28 )

母への復讐

b0158088_148057.gif(コマダムKibiちゃん)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

週末の鈴鹿出張に続き、
この一週間はアポ入れ、取材、校了のトリプルパンチで、
本当に眼のまわる忙しさでした。
連日午前様のタクシー帰宅なので、
私がKibiに接することができるのは、
あわただしい朝の1時間半のみ。

保育園のあとは、バアちゃんがKibiを預かってくれるのですが、
Kibiはとてもおりこうにしていたそうです。
「さすが5歳、頼もしくなったなあ」と嬉しく思っていましたが、
とうとう限界を迎えた様子。

金曜の夜、バアちゃんから、
「Kibiが『ママがいいの』とグズグズ言ってるよ。
いくらなんでもかわいそうだよ」
との電話が入りました。



土曜も出社だったものの、
Kibiが「水泳教室にはママと行く!」と言うので、
老体にムチ打って、スイミングには、
パパではなく私が連れていくことに。
(その後出社、クラス会もパス…)

しかし、Kibiはずっと機嫌が悪く、
自転車で15分程度の道のりを走る間、
ずーーーーっと、文句&涙涙涙…。


主訴は「ヒールのあるサンダルをなぜ買ってくれなかった」
という恨み事なんですが、
これがしつこいしつこい…。

Kibi どうして、SちゃんもAちゃんもSちゃんも
   みんなコンコンする(ヒールの音)サンダルはいてるのに、
   Kibiちゃんだけ買ってくれないの?つまんない!!

gangan Kibiは靴をたくさん持っているでしょう?
     子供は足がすぐ大きくなってもったいないから、
     今のがはけなくなったらにしましょう。

Kibi Kibiちゃんの好きな靴はひとつしかないんだよ。
   (誕生日にせがまれて買った赤い靴)
   いつもママの好きな靴ばっかり買ってさー。

gangan いつもKibiに、これでいい?って確認してるよ。
     運動靴だって、好きなの買ったでしょ?
     (母としては妥協して買ったキラキラ光る黒い運動靴)
     
Kibi 本当は水色がよかったのにさー、サイズがないから黒にしたんだもん。    
   どうしてKibiちゃんには、コンコンする靴買ってくれないの!?
   (さっき理由は言っただろー!)

gangan 来年買ってあげるから。

Kibi  来年、おともだちが普通の靴をはいていたらどうするの? 
    Kibiちゃんだけだったらつまんない!

gangan おともだちも、きっと来年新しいサンダル買うよ。

Kibi  おともだちはサンダル2コなのに、Kibiちゃんだけ1コだったら、ずるい!

gangan Kibiはお友達の持ってないかわいい赤い靴を持ってるでしょう?
     人と比べてばかりいると、
     自分がもっているいい物のことが見えず、
     自分がもってないものばかり気になるものよ。
     そうすると、文句ばっかりの人生になっちゃうのよ。

Kibi
 ママばっかりコンコンの靴もっててさー(母の話、全く聞いてない・苦笑)
   Kibiちゃんには、いっこも買ってくれない!

gangan もう季節じゃないから、サンダル売ってないんだよ…。

Kibi (息をのんで)
   ほら、そうやって、お店になくなるまで買ってくれなくてさー!!!
   うわあーーーーーん(一層激しくおお泣き)



議論はまったく平行線…。

「サンダル買えなくて悔しかったねー」と、
気持ちに寄り添う方法も試してみたけれど、
結局は買ってやらないわけなので、効果なし。


うっかり道に迷って、いつもより遅れて水泳教室に到着したら、
「Sちゃんが先にきがえて行っちゃったらどうするの!?」となじり、

レッスンのあとに迎えに行ったら、
それまで普通に楽しくやっていたくせに、
私の顔を見るなり口をへの字に曲げ、
「Kibiちゃんだけひとりぼっちでさびしかった!」
と、レッスン中に一人だけ別の列に入ったことを、
まるで私のせいであるかのようにつっかかり、

帰り道に、お友達の乗る自転車が、
自分よりちょっと前を走っただけで、
「Kibiちゃんだけおいてけぼりになっちゃったじゃんよー」と叫び、

もー、わっちゃわちゃです。


Kibiが、これだけ長時間ゴネ続けたのは、生まれて初めてです。
とにかく、私の顔を見ると、文句を言いたくてたまらなくなるみたい。



ストレスたまっていたんだろうなあと思います。
「大人は全員、仕事をするものだ」と私が刷り込んでいるので、
ママに仕事に行くなとは言えないし、
そう要求したい自分の気持ちも整理できてないだろうけれど、
不満でいっぱいだったのでしょう。

これはきっと、
自分に寂しい思いをさせた母に対する、
娘からの復讐なんでしょうね。
本人も無意識の。



夜はうなされて、大きな声で寝言を叫んでいました。
「もうイヤだ!」
「ちっともかわいくない!」
「ママがいいの!!」

…よっぽどつらかったんだろうなあ。
かわいそうなことをしました。
私もどうしようもなかったんだけれど…。


日曜日はKibiの好きなトランプの相手を、
こころゆくまでしてやろうと思います。
[PR]
by gangan-tototo | 2010-10-18 01:14 | 子ども

おかあさんの絵

4歳になってからというもの、
毎日のようにクレヨンを握るようになりました。
親ばか展覧会、まとめていってみまーす。

●母の日のおかあさんの絵
b0158088_0205663.jpg
左右についている黒いひょろんとしたものが、手だそうで。



●ダブルマウスのキャラクター
b0158088_0224088.jpg
口が二つあるみたいになってます。
頭のリボンは先生が描いてくれたらしいです。
右にあるのは哺乳瓶かな?
「赤ちゃん?」と聞いても、ウンと言わないので、
何だかわからないんですが、
表情がかわいいです。



●デザイン
b0158088_024631.jpg
ある日、こんな抽象的な絵も。バリエーションが増えてきました。



●ハートだらけ
b0158088_027695.jpg
女の子の定番ですね。
紫の形のいいハートあたりは、
先生が描いてくれたんじゃないかな。





さらに、最近は紙工作もするようになってきました。
絵を描いてはハサミでチョキチョキ切り抜いて、
セロハンテープで止めています。
こんなハートの腕輪や…
(ハートの輪郭は私が描いて、Kibiが塗りつぶしました)
b0158088_029397.jpg


b0158088_0301277.jpg…何やらバトン的なものも。
これ、もしかしてプリキュアグッズのつもり!?

お友達のお家にあるような、プリキュアのキラキラ光る腕輪やバトン。絶対、買ってやらなかったらとうとう自分でつくったかー!(笑)

[PR]
by gangan-tototo | 2009-06-15 00:21 | 子ども

わが家は裸族!?

Kibiが、おもちゃの携帯電話で
誰かとお話ししています。


「あーあー、そっか~。
うちのおかあさん、いつもさー、
おしり出してんだよねー。 (なぬっ!?) 

うちのおとうさん、いつも
おちんちん出してんだよねー。 

だから、うちに来てくれなーい? (おいおいおい)
うんうん、それならいいよ~。
じゃあね、バイバーイ」


gangan「Kibiちゃん、誰とお話ししてたの?」

Kibi「うんとー、なんかー、知らない人ー。  (←無防備すぎ…) 
   …じゃなくてー、一番だいすきなユウスケくんと
   おはなししてたんだ!」



…Kibiちゃん。
お父さんとお母さんが
いつもすっぽんぽんでいるような家は、
ユウスケくんも引くと思うよ。

いやはや、ガールズトークも
肛門性欲期全開な感じです…。



あ、わが家は裸族ではありませんよ。念のため。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-20 01:44 | 子ども

何かに似てる!?

b0158088_14314.jpg
お散歩中に撮ったこの写真、
どこかで見たことがあるような…。










b0158088_16718.jpg



…おそまつさまでした!
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-19 00:06 | 子ども

waoちゃんの誕生会

先日、Kibiと同じ4月生まれのお友達、
waoちゃんのお誕生会に呼ばれました。

b0158088_0411182.jpg妖精さんみたいなドレスを
着てはにかむwaoちゃん。
砂糖菓子みたいにかわいい♪


b0158088_0423931.jpgwaoちゃんのママはとてもお料理上手。うにと海苔をドレッシングにしたサラダとか、キウイソースのホタテカルパッチョとか、おいしくて個性的な料理が、本当に食べきれないくらいずらーり!

waoちゃんのお家はおしゃれな雑貨がいっぱいで、おもちゃ箱みたいな雰囲気なんですが、お料理もポップで、家の雰囲気と合ってました。


b0158088_0483061.jpgこちら、子供用コーナー。


b0158088_0495016.jpg
集まったお友達は女子ばかり。みんなご機嫌で着席!
Kibiがどれだかちゃんとご飯を食べたかわかりませんが、
まあ、たまのことだから、と放置。夫婦ふたりとも席について、
ゆーっくりワインを飲めました。
成長を感じることよ。


一歳頃からときどき集まっているメンバーですが、
子供は年々大きくなるし、第2子が生まれるお家も多く、
なんというんでしょうか、だんだん人のボリュームが増しています!
ああ、これぞ繁栄。幸せなことですね。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-18 23:22 | 子ども

4歳になりました

b0158088_23483457.jpg
Kibiの誕生日は4月6日。
桜が満開の頃に生まれました。

12か月の概念がまだない小さなKibiに、
バアバはいつも、
「桜が満開になったら、Kibiは4歳になるよ」
と説明をしていたそうです。

だから、この季節、桜を見つけると、
Kibiはうれしくてたまらない様子で、
「さくらがまんかいだから、
Kibiちゃんのたんじょうびですよ~」
と、町中に知らせるかのように
大声で叫びながら、
桜の下を駈けて行ったりしたものです。


改めまして、Kibiが4歳になりました。
いつものように、ジイジバアバ
&おじちゃんを呼んで、お誕生会をしました。
b0158088_23505243.jpg


b0158088_23514452.jpg父方のおじいちゃん、おばあちゃんからは、ふりふりのジャンパースカートをいただきました。

好みのうるさいKibiに何を贈ったらいいかわからないとのことだったので、「とりあえずジャンパースカートだったら何でも大丈夫なはず」とお願いしていたのです。案の定、一目で気に入り、毎日取り出しては、「お出かけのとき着るんだよねー」と、指折り数えて週末を待っていました。

茶色の水玉のカチューシャは、ささやかながら私からのプレゼントです。


b0158088_0382917.jpgおじいちゃんおばあちゃんからはさらに、ピンクの水筒もいただきました。Kibiが水筒を欲しがっていたのと、「ピンクのおもちゃが欲しい」――それはうっすら、プリキュアのバトン的なものじゃないかと気づいてはいたが無視――と言っていたので、「ピンクの水筒でもいいです」と言ったら、お洋服と両方くださったのです。

この水筒、意外と高機能!
ストローがついているタイプのものですが、ヌービーその他のストロー付きマグに比べて、漏れない!自分で好きなときにかぽっと開けて飲んでくれるし、手間いらず。さすがサンリオ…。



b0158088_072750.jpg義姉さんからは、水玉のバッグをいただきました。タグの感じといい、私好み! 

ただ、Kibiはときどき、緑色を毛嫌いすることがあるので、このバッグはどうだろうかと、ちょっぴりドキドキ。でも、これはOKだったみたい。ほっ…。通園以外では、いつもこのバッグにおもちゃを入れて出かけています。


そして、いつも面白いものをくれる、
おじちゃんからはこちら。
アイクロップスです。
b0158088_0142695.jpg手で持てる顕微鏡カメラみたいなもので、いろいろなものを拡大してみられるというもの。

おじちゃんの毛穴から、有機キャベツに大量発生していた虫まで、いろんな気持ち悪いものを見て大騒ぎ!(ろくな写真が撮れなかったので、遊んでいる写真は割愛)

おじちゃんからは、マリーンズのぬぐるみの電報ももらいました。が、これも写真割愛(←面倒になった)。



私たち両親からは、16インチの自転車を贈りました。
自転車を持っているお友達の家に
遊びに行くと、お友達の輪に加わらず、
一人でずっと自転車に乗っているし、
いつかは買ってやらなければなあと思っていたのです。

b0158088_0225222.jpg
本当は、キャデラックのゴールドがかっこいい!と思っていたのですが、
このネットの画像を見せたら、絶対にイヤとのことで断念。


b0158088_023227.jpg結局、ルノーのピンクにしました。

b0158088_0304813.jpg上手に乗ってます。←補助輪つきなので当たり前。



4歳になると、普通に会話ができるし、
眠くならない限りはちゃんと歩くし、本当に楽!
子供と2人で楽しく喫茶店なんかにも行けそうです。
3歳までの子供をもつ母親に、時短が認められているのにも納得。
毎日、いろいろ面白いことを言うので、楽しいです。
すばらしきかな4歳! 

4歳の一年間、子供らしいユニークなおしゃべりで、
お母ちゃんをたっぷり楽しませてください。
あ、突っ込みはお手やわらかに…。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-13 01:00 | 子ども

学芸会の子供の役について

3月の終わりに、Kibiの通う保育園では、
「お祝い会」が開かれます。
卒園および、進級を祝う会で、
子供たちが歌などの出し物を披露するので、
学芸会的な役割にも担っています。

Kibiのクラスの出し物は、「ぞうさんのさんぽ」。
子供たちが絵本のストーリーをなぞっていくのですが、
劇というより、先生主導の集団ままごとみたいな感じですね。

b0158088_164479.jpg
Kibiはぞうのおかあさん役で登場しました。
ぞうくんに「行ってらっしゃーい」と言うだけの
役割なのですが、最初に出てきて洗濯をする、
という、見せ場がちゃんと設けられています。

ちなみに、ぞうのおかあさん役の子は3人。
ぞうくんも、おともだちのワニくんも、複数の子供が演じ?ます。

どの学年の出し物を見ても、
全員が平等に活躍できるようになっていて、
先生はすごく心を砕いてくれているんだなあと感心します。
昨今は、学芸会で、自分の子供が脇役を与えられると、
クレームをつける親がいると言いますからね。

全員に見せ場がある今のスタイルに
全く不満はないし、ありがたいことだと思っていますが、
実は私、不平等な普通の学芸会だって
別にいいと思っているんです。

だって、脇役をふられるのも、
いい経験じゃないかと思うんですよ。
主役になれない切ない気持も味わえるわけだし、
将来ビッグになったときに、
「小さい頃は目立たなくて、学芸会ではいつも木でした」
なんて、お決まりの昔話のネタにもなるし!

文句をつける親御さんは、
どういうつもりで抗議しているのかなあ。
多分、自分の子供が大切にされていない、
ということが一番おもしろくないんじゃないかと
想像しますが…。

子供にとって、今この瞬間ハッピーに見えることだけが
本当にいいこと、っていうわけじゃないと
思うんですけどね。

ま、これは、子供に限らないですけどね。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-11 01:14 | 子ども

ちゃぶ台ディナーショー

私の実家には、バアバがKibiのために
買ってくれた、ちゃぶ台があります。
その上で絵を描いてもいいし、
ちゃぶ台の上だけは特別に乗ってもいい、
というルールになっているので、
Kibiはときどき、実家で夕飯を食べた後、
ちゃぶ台の上でコンサートを開きます。

しかも、自分で芸名まで考えたんです
さくらさくえ」というのがそれ。

一度、さくらさくえちゃん以外の
名前にしてみると言うので、
それゆけまるみちゃん」と提案したら
それは気に入らなかったようで、
以来、さくらさくえちゃんに固定しました。
どっちも大差ないように思うけどねえ。

さらに、私が調子に乗って、
さあ皆様、今宵、平成の歌姫、
さくらさくえがお届けします。
心の歌を歌います。
盛大な拍手でお迎えください、どうぞ~

と言ってやったら、以後必ず
「おかあさんが最初に“お話し”するのね」
と、この手のアナウンスをリクエスト。

マイク代わりに太字のマジックインキを
握ったさくらさくえちゃんは、
ペコリとおじぎをして、
たとえば「どんぐりころころ」を、
眉をひそめて、切なそうに熱唱します。


「お池にはまってさあたいへん…」
…って、確かに結構、深刻な歌ではありますよ!


b0158088_0304461.jpg実家ではジイジもバアバもおじちゃんも、
やんややんやと喜んで
盛り上げてくれるので、
ちび歌姫、大満足の笑顔です。


ちなみに、Kibiが今一番
気に入っていて、一日おきに
着ているのが、この服です。
上から下まで、この間いただいた
りおちゃんのお下がり…。感謝!
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-09 00:46 | 子ども

Kibi助、日舞デビュー

年明けから、Kibiが日本舞踊のお稽古を始めました。
私が通っている日本舞踊の教室で
5月に発表会をするので、
4歳になるKibiにも舞台を踏ませてみようか…
ということになったのです。

小さい子供は、舞台に出るだけでかわいらしく、
泣いても許されるところがあります。
そんなオイシイ立場で出られるのは
今だけですしね。

b0158088_0161750.jpgピンクの浴衣を着せてもらい、
うれしくて仕方がありません。


b0158088_0171647.jpg
鏡の前でポーズ。
鏡に自分の姿を映してみるのが大好きで、
お稽古中は鏡ばかり見るので、
先生に鏡を閉められてしまいました(苦笑)。

本人はやる気まんまんで、
演目の「きんぎょのひるね」の歌を、
大きな声でよく歌っています。

…歌はすっかり覚えてるんですが、
踊りはまだまだこれから!
がんばれ~。
(私もまだまだ踊りがロボットみたいな状態…。がんばれー、自分!)

発表会の日時と場所は以下のとおり。
【日時】5月9日(土)12:00~
【場所アートフォーラムあざみ野  レクチャーホール

Kibiは一番ちびすけなので、トップバッターです。
お近くの方、観に来てくださいね!
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-07 07:01 | 子ども

王子様が3人!?

Kibiは2つ上のクラスのおにいちゃんのファンでねえ…
という話を、保育園のメーリングリストで話したら、
同じクラスのトモちゃんのママから
「うちも『○○くんが好き』なんて言ってますよ。乙女ですね」
とのお返事が。

赤ちゃんのような愛らしさを残している
トモちゃんが好きな男の子って誰だろう~!

下世話な好奇心がむくむくわいてきまして、
早速、Kibiをつかまえて聞いてみました。

「ねえねえ、トモちゃんは誰が好きなの?」
Kibi「ユウスケくんだよ!」
「ええっ、同じ男の子を好きなのか?そうか…(しんみり)」
Kibi「うん、トモちゃんはユウスケくんと、Kくんが好きなの(ニコニコ)」
「ええっ、2人とも好きなの!? Kibiはユウスケくんだけだから、一途やなあ…」


いやいや、それはどうかな?

「ねえ、Kibiちゃんが好きな子はユウスケくんだけなの?」
Kibi「ううん、好きな子はー、3人いるの!」 (なんと!)
「それは誰っ?」
Kibi「ユウスケくんとー、アヤノちゃんとー、アカネちゃん!
(上のクラスのおねえさんたち↑)。 ぐふふ」


…あー。好きって、そういう感じなのね。
おろおろとまじめに反応していた夫がおかしかったです。


【おまけ】
防災頭巾をかぶってみました。
b0158088_23204198.jpgなんなんでしょう、
この写真の妙なインパクト…。
[PR]
by gangan-tototo | 2009-04-04 23:37 | 子ども


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧