gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

きれいなお母さんがいいの

ある日、Kibiが自分の耳たぶをつまんで言いました。
「お母さんは、どうしてココにつけないの?」(ピアスのこと?)

さらに足の爪を指さし、
「お母さんは、どうしてココを赤くしないの?」

「誰がそんなふうにしてたの?」とたずねると、
「カイちゃんのママ」とのこと。

なるほどねー。
保育園で同じクラスのカイちゃんのママは、
エビちゃんを上品にしたような、お洒落でかわい~いママさんなのです。

「カイちゃんのママ、きれいだもんねえ」と言うと、
「お母さんも、カイちゃんのママみたいにしてっ!」
と半べそ。
うひゃー、Kibiさん、それは遠い道のりというもの!


Kibiは普段から服装チェックが厳しく、
私がスニーカーを履こうとすると、
「コンコンする靴がいい」とヒールの高い靴を引っぱり出し、
ジーンズをはいていると「スカートにして」とペチペチ叩かれ、
Tシャツを着てると、「こっちを着て」と花柄のブラウスを差し出され、
髪をひとつに結んでいると、「ほどいて」とゴムをむしり取られ、
メガネをかけていると外され、
モモヒキをはいてると、「脱いで!(涙)」と懇願される
…という具合に、まあ、うるさいことうるさいこと!
どこかの男の人みたいです。
ほっといてくれー。

いわゆる男ウケしそうなファッションと、
子供がきれいなママに求めるものって、同じなんですね。
フェミニンなアイテムが醸し出す印象って、普遍的なものなのね。



話は変わり、この間、Kibiが初めてお母さんの絵を描いてくれました!!
へへへ。
(子供の絵を人に見せるようになったらおしまいだー、と思っていたのに、この有様!)
b0158088_0435922.jpg



ちょっと前は、絵に興味がないことを嘆いていたものですが、
3歳半になると、さすがにぐしゃぐしゃの抽象画を卒業し、
人の顔を描くようになりました。

ちなみに、Kibiは手を描くのが大好き。
しかも、いつもこんなふうにコッテリ爪の色を濃くぬるんです。
ショッピングセンターのネイルコーナーにも張り付いちゃうし、
母と違ってマニニュアに興味津津なのね。
大人になったら、好きなだけ塗りたくっておくれ。

b0158088_0453211.jpg

こちらは自分だそうです。
横広の顔は、大好きなトトロのメイちゃんの影響か!?
[PR]
by gangan-tototo | 2008-10-27 01:13 | 子ども
<< 七五三 生パスタ&自家製ソーセージの会 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧