gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

感激した和食店(神戸G)

先日、滋賀県にある夫の実家に帰省する際、
足をのばして、神戸に行ってきました。

昼食は、「玄師(げんし)」という、魚料理の充実した三宮の和食店を予約。

ガイドブックで見る限り、落ち着いた大人の店という風情だし、席数も少ないので、
果たして子連れで行けるものかドキドキしましたが、
子連れでもいいと言っていただけたので、チャレンジしてみました。

結論から言うと、とてもとてもよい店でした!

前菜(ナスの煮びたしのようなもの)、お造り、サンマの焼き物、
鯛と松茸の吸い物風鍋、野菜の天ぷら、
タチウオの土鍋ごはんがついて、3500円。

今まで食べた3500円和食の中で、ダントツのレベルです。


量もたっぷりあり、Kibiももりもり食べたのに、
2人前で十分おなかいっぱいになりました。
(ちなみに、私の胃袋は復活しております!)

花形に切った野菜でやたら飾ったような、
見た目だけ豪華な和食が好きではないのですが、
ここの料理は、実質的な感じと繊細さを兼ね備えていて、
たいへん好ましい!!

特に忘れられないのが、とうもろこしの天ぷら。
ふわっと甘くて軽やかで、これぞプロの技、という味わいでした。

玄師でそうしているかどうかはわかりませんが、
とうもろこしの天ぷらって、表面に針で細かい穴を開けて
食べやすくしたりするそうです。
和食ってすごい…。



おいしい料理を堪能した後、Kibi嬢が興味を示したのは
後片付けをするご主人でした。
まじめそうなご主人が黙々と働くカウンターにトコトコと近づき、
「なにしてるんですかー?、なにしてるんですかー?」
と、しつこく質問するのです。

子供の好奇心は尊重してやりたいけれど、
片付け中だから、料理中よりはマシだけど、
それでも迷惑かけてやしないかとヒヤヒヤ…。

ちょっと戸惑いながらも
「後片付けをしているんです」などと
子供相手に丁寧に応対してくれたご主人。
戸口まで見送りに来て、
「また来てね」と言ってくれました。
いい方でよかったです。



学生時代、カウンターレストランでバイトをしていたときに、
興味津津でカウンターに身を乗り出してくる坊やを
「アンタには関係ないの!」と、
必死で抑え込もうとしていたご両親がいました。

若かりし日の私は、
「好奇心の芽をつんじゃうなんて、かわいそう!」
と、いたく憤慨していましたが、
ああ、あとのときのご両親の気持ちは、
こういう感じだったんだなあと、15年たって、
やっと実感できたのでありました。


※※※※※【おまけ】※※※※※

b0158088_22141278.jpg


滋賀のおじいちゃんの家の庭でシャボン玉をしました。
(ちょー親ばかショットで失礼しました!)
[PR]
by gangan-tototo | 2008-10-05 21:56 | 子連れレストラン
<< 子連れで京都(ピッツェリアI) 復活☆鍋つかみ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧