gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子連れレストラン(渋谷T)

b0158088_23134650.jpg

            (Kibiさん、初めてカエルを触る! 意外と度胸アリ)

***************************************

タロス(渋谷/イタリア料理)

Kibiが赤ん坊のうちから、ほうぼうのレストランで果敢に外食をしてきました。
レストランで写真を撮るのが苦手で、なかなか写真を紹介できないのですが、
せっかくなので、子連れレストラン探索記録も残しておこうかと思います。

ちなみに、なぜ店で写真を撮るのが苦手かというと…

1)店の人が嫌がることがあるので、撮影するときは一声かけたい。

2)子供がいてバタバタする中で、
店員さんに声をかけつつ、周囲の迷惑にならないように、
こっそり(しかも美しく!)撮影する…という気持ちの余裕がない。

3)おいしいものを前に「さあ、食べるぞ!」というときに、
撮影云々の邪念を挟むと、おいしさが減ってしまうような気がする。

4)店の外観写真でさえも、「失礼かな~」なんて思ってしまい、勇気が出ない。


写真がないと、あんまり参考になんないでしょうけどね…。
スミマセン。


で、渋谷の「タロス」です。
南イタリア&サルデーニャ系のイタリアン。
赤坂「ラ・スコリエーラ」にいたシェフが開いた店なので、
魚介系の料理が得意だと思われます。

カジュアルな雰囲気なので、おそらく子連れでもOKだろうとふんで、
「子供がいてもいいですか?」と聞いて入店しました。
子ども用のイスなどはないですが、
高さを出すためのクッション代わりに
毛布を持ってきてくれたりといった心遣いがうれしかったです。

また、Kibiが通路をトコトコ歩いている後ろ姿を見て、
男性のスタッフが「かわいいなあ」とつぶやいているのが聞こえ、
店で小さくなっている子連れの親としては、ちょっぴり救われた気がしました。

料理は総じておいしく、甘味と酸味のバランスが絶妙で、ちょっとひねりが効いている感じ。
…というか、それがサルデーニャ風ってことなのだろうか。

サルシッチャのニョッキなども、モロッコ?トルコ?と思うような、
スパイシーな異国の香りがして、こういう味を現地の海辺のレストランなんかで食べたら、
めちゃめちゃ感動するだろうなあ、と、一瞬、まだ見ぬ南伊にトリップしました。

メインはカジキマグロのソテーに、レーズンと松の実の入る、酸味のあるソースをかけたもの。
これがとてもおいしかった! 
正直、イタリアンでメインがいまいちってところは多いですが、
この店はメインをがっつり食べたい感じ。

デザートのマスカルポーネアイスクリームは、
バニラアイスとはまた違う濃厚さで、思いのほかメロメロにさせられてしまいました。 
お薦め♪

ターミナル駅周辺に旨い店なしと言いますが(たぶん)、
渋谷駅から徒歩2分くらいのところに予約もせずに入れるなんて、
味のレベルを考えると、貴重な存在かもしれません。

Tharros(タロス)
渋谷区道玄坂1-5-2 渋谷セーデビル1階
03-5489-8989

[PR]
by gangan-tototo | 2008-08-23 23:32 | 子連れレストラン
<< プチ神秘体験!? 「食べる」を仕事に捧げる危険性 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧