gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

“ビズニーランド”の威力

ある日、Kibiが「みみにきこえて!!」…と言うので耳を貸すと、
「Kibiちゃん、ズニーランドにいきたいの…」と言いました。

それを聞いた夫が思わず
「げっ、出た!!」
と叫んだので、Kibiは傷ついて大泣き…。


そもそも夫は、ディズニーランドが嫌いで、
「浦安のほうにはね、悪のねずみの王国があるから気をつけるんだよー」
などと、まだ赤ちゃんのKibiに冗談交じりに話しかけていたくらいなのです。

ちなみに、夫がディズニーランドを嫌う理由は、
「商魂たくましいところ」
「行ったことのないひがみ」
だそうで。

そんなわけで、わが家には、ディズニーのキャラクターグッズはひとつもないのですが、
恐るべき浸透力を誇る浦安の大帝国の気配は、じわじわとうちの娘にも忍び寄り、
今、Kibiが最も好きなキャラクターと言えば、トトロのめいちゃんと、ミニーちゃん。

「ぼっくらのクラビ(クラブ??)のリーダーは、
ミッキー、ミッキー、ミッキマウス!」
…と、保育園で習ってきた歌を高らかに歌っています。

(余談ですが、ほとんど食べさせたことがないはずなのに、
急にポテトチップスを食べたがったのは、
保育園で「ポテトチップスの歌」を習った直後だったりと、
保育園とは本当にいろんなことを教えてくれるものです…)

ところで、Kibiは、専業主婦の存在を知りません。
大人になったら、みんな仕事をする。お仕事をするのは楽しいことだ。
…と、私が洗脳しているせいもあり、
(↑アンチ専業主婦なんじゃなくて、「ママ家にいて」と言われると困るから)
将来はお仕事する気満々です。

「Kibiは、どんな仕事をするのかしらね」と言ったら、
「Kibiちゃんねー、ビズニーランドのおしごとがしたいの!!」
と、ディズニーランドに行ったこともないのに、これまた、うれしそうに答えるのでした。

なんだかんだ言っても豊かなこの時代、
子どもが望むものを、簡単に与えてしまいがちなので、
何かを渇望したりする経験は、かえって貴重かもしれません。
せっかくなので、ディズニーランドデビューは、
もうちょっとだけ先のばしにしてあげることにしましょう。

※※※※※※【おまけ】※※※※※※※

過去のデジカメデータを見ていたら、2歳半くらいのものと思われる写真を発見。
親バカですが、ブチャイクなところがツボです。

b0158088_0102494.jpg
[PR]
by gangan-tototo | 2008-08-17 21:00 | 子ども
<< 「食べる」を仕事に捧げる危険性 クロックスデビュー >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧