gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

頭のケガと天使様

昨日の夜、Kibiが転んで頭を打ちました。
バアバの家で、スツールに乗って家庭用精米機をのぞきこんでいたのですが、
大人が目を離した隙にイスを降りようとしてバランスを崩し、後ろから転倒したのです。

物音がしたので見に行くと、Kibiの頭から大量の血が流れているではありませんか!!
キッチンの床に置いてあった鍋のふちに頭をぶつけたようです。
意識はしっかりしていて、「いたい~、いたい~」とギャンギャン泣いているので、
ひとまず最悪の状態ではなさそうだと確認し、タクシーで救急外来へ。

わんわん泣いてスッキリしたのか、病院に着く頃にはすっかりご機嫌になり、
CTスキャンの結果も問題なし。ホチキスのようなもので傷口を2カ所留めてもらってきました。
2針縫ったってことですよね。

頭を打って数日後に急変することもあるらしいので、油断はできませんが、
今日も一日、ごくごく普通、とっても元気だったので、ひと安心です。

保育園の看護士さんによると、床に頭全体を打ち付けたのではなく、
鍋がクッションになったのが幸いだったのではないか、とのこと。
鍋に感謝!



Kibiは慎重な子だったので、これまで危ない目にあったことはほとんどなかったのですが、
過去に一度だけ、思い出すだに恐ろしい思いをしたことがありました。
Kibiが生まれて一ヶ月ほどのある日、
こともあろうに、夫がKibiを、顔面から床に落としたんです…!!!!

夫がKibiを抱いているときに、目の前にあるイスが倒れそうになったので、
つい片手でイスの背を押さえようとしたんですね。
バランスを崩して、Kibiもろともスッテンと転倒。

しかし、あわや!!という瞬間、なーんと、倒れたイスの上にのっていた授乳クッションが
床に落ちてすべりこみ、Kibiをふわりと受け止めてくれたのです。
驚いてふにゃ~と泣いただけで、Kibiはまったくの無傷!

あまりのタイミングのよさに神がかったものを感じ、つい
「おじいちゃん(故人)、ありがとう!!!」と叫んでしまいました。

授乳クッションといい、今回の鍋といい、Kibiはご先祖様か天使さんが
守ってくれているような気がします!(←親バカ!!)
そうだといいな。

神様仏様天使様じーちゃんばーちゃん、
これからもどうかKibiをお守りください…。



※※※※【本日の一枚】※※※※

b0158088_0465529.jpg
しろつめ草で花飾りを作ってやりました。小さい頃はどうしても上手に輪にできなかったのですが、大人になると、どうやったら外れないか、ちゃんと工夫ができるもんですね!自分の成長に、ささやかに感心した瞬間でもありました。
[PR]
by gangan-tototo | 2008-07-26 01:01 | 子ども
<< うさぎ甚平と阿波踊り 写真教室 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧