gangan*note


洋裁と雑貨と子どものこと
by gangan-tototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おしゃべりメモ

Kibiさんのおしゃべりメモがまたたまったので、
まとめて記してみます。

3歳をすぎた頃からでしょうか、
ちゃんとした日本語になっているのに、
内容がぶっとびすぎてつじつまが合わないおしゃべりが多くなり、
聞いてもほとんど覚えていられません…。
人間、意味が通じないことは、ごく短い文章でも記憶できないものなのね。

かつて読んだ本に七歳までは夢の中というタイトルのものがありましたが、
本当にこの時期の子どもは、ファンタジーの世界に生きているんだなあ、としみじみ。
そういう不思議なおしゃべりは、ここに記せないのが残念です。

●魔法

Kibiが何かを探しています。

私「なにさがしてんの?」
Kibi「まほうさがしてんの」
私「魔法!?」
Kibi「ウン。…あった!」

手にしていたのは、テレビのリモコンでした!


●グルメすぎる!

なめこの味噌汁を食べていたときのこと。

Kibiがポツリと言いました。
「きびちゃん、かさひらいてるの、キライ」

    !?

確かに、なめたけはかさが開いていないほうが上等とされているらしいです。
本当にそういう意味で言っているんでしょうか?
末恐ろしい…。


●耳に聞こえて

こそこそと耳のそばで内緒ばなしをしてほしいとき、
「みみにきこえて!」
と言います。

そういう表現は日本語にないけれど、
なんとなく気持がわかりますね。


●ある日の歌

「まっかにながれる~
ぼくとアナタをみつめてる~
ぺんぎんパーンにウルトラパン、
やきたてパンだよパーンパン!」

「真っ赤に流れる…」は、おなじみの「てのひらを、たいように」で、
「ぺんぎんパン…」は、保育園で習ったパンの歌だというのはわかるのですが、
「ぼくとアナタをみつめてる」は、一体なんの歌???


●上下違い

私「(動物のおもちゃで遊びながら)ここは動物園ですよ~」
Kibi「したの動物園?」

???
……「上野動物園 ⇔ 下野(したの)動物園」!!
上野動物園に連れて行ったばかりだったので、
覚え違いをしていたようです。
しかし、まさか上下を間違えるとは!


●問題発言

Kibiがトランプの絵札を抜いて、
数字の札だけで遊んでいます。

バアバ「どうして絵札では遊ばないの?」
Kibi「がいこくじんだからキライ…」
   !!!

バアバ「どうして嫌いなの!?」
Kibi「がいこくじんはしっとぶかいから」
   !!!

バアバ「そんなこと、どこで聞いたの!?」
Kibi「しらゆきひめにでてた…」

どうやら、絵本に出ていた嫉妬深いお妃のことを言っているようです。
たしかに白雪姫に出てくる王様やお妃の格好と、
トランプの絵札の服装は似ています。
でも、それを「外国人=嫉妬深い」と結びつけるなんて
衝撃的すぎる…。 


●傘さしないと!

部屋の中で雨ふりごっこをするのが大好きだった2歳の頃。
「あ、あめだ!かささないと!」
…とよく言っていたものでした。
活用がちゃんとできなくて、
「さしないと」になっているのがかわいかった♪(親バカ)

3歳になり、いつのまにか「かささないと」
と言うようになってしまいました。
ちょっぴり残念!


※※※【本日の一枚】※※※

今でも傘は大好き。
雨ふりの中、仕事にいそしむKibiさん。
会社は雨漏りですかー?(笑)

b0158088_374864.jpg
[PR]
by gangan-tototo | 2008-07-14 06:54 | 子ども
<< 写真教室 自己紹介 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
塩豚のカツレツ ミラノ風
from 既婚配偶者なしのお弁当
プチトマトのスパゲッティ
from 既婚配偶者なしのお弁当
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧